春に向けて本格始動

昨シーズン、レタスやキャベツに始まり、ブロッコリー 、ロマネスコ、カリフラワー 、ズッキーニ 、にんじん、かぶ、大根、白菜などなど、たーくさんの野菜を作った畑。

まだ1月ですが、菜の花向けの野菜や玉ねぎなど残して耕しました。


この後、牛糞堆肥を撒いて天地返しを行います。20〜25センチ程度の土をトラクター を使ってひっくり返します。耕すのではなくひっくり返す、ここがポイント。

表面の土が下に、下の土が上に。

下の土は多少固まってるので表面に出るとボコボコの土ですが、1月から2月の寒さで凍って溶けてを繰り返してサラサラの土になります。

さらに、雑草の種が下に潜り、多少ですが生えにくくなります。

もう一つメリット。固まった下層部分に空気が入り、暖かくなってくると微生物が動き出します。

フカフカの土を作るのに欠かせない作業。

3月上旬のレタス定植を目指して、今シーズンも外での農作業が始まりました!

今年はどんな新しい野菜ができるのか、乞うご期待!!!

那須高原こたろうファーム

kotarofarm official website 彩り豊かな那須高原の野菜を ご自宅にお届けします!

0コメント

  • 1000 / 1000